佐賀市で注文住宅を建てるなら当サイトをご覧ください!おすすめの住宅会社を紹介しています。

注文住宅を建てるなら構造から防犯対策を!空き巣被害を防げる家に

公開日:2021/02/15  最終更新日:2021/01/07

注文住宅を建てるメリットで最大のものは、土地選びや家の構造など、全てを自由にできることです。つまり空き巣被害にあいにくい・あいやすいお家になるのも、建てる方次第といえます。計画段階で防犯対策も練っておきたいものです。ここでは防犯対策から見た土地選びや、空き巣犯の侵入しやすい箇所、構造について見ていきましょう。

土地選びから防犯意識を持っておこう

注文住宅を建てるメリットの一つに、土地選びから始められるというのがありますが、学校やスーパーなど便利さばかり優先していませんか?もちろん責められることではありませんが、同じくらい防犯についても意識したいものです。

「奥まった路地」「人通りが少なく夜は暗い」「繁華街に近い」というのは、空き巣が発生しやすい土地の3大条件です。候補地の下見の際には意識してみましょう。空き巣犯が狙いをつけやすいのは、人目に付きにくいお家です。「奥まった路地」や「人通りが少ない」「夜は暗い」は絶好の条件です。袋小路は避けて、大きめの通りに面した土地を選ぶべきです。土地選びなら街灯のある・なしのチェックも兼ねて、昼だけでなく夜にも下見にいきましょう。

また、できるだけ避けたいのが「繁華街に近い」住宅地です。見ず知らずの人が歩いていても不自然ではないでしょう。近所の目が光っているというのも、空き巣被害にあいにくい土地の条件です。

空き巣の侵入口となりやすいところを知っておく

警視庁のホームページ「住まいる防犯110番」によると、空き巣を含む侵入窃盗が発生しているのは一戸建て住宅が43.9%と圧倒的です。年間25,000件以上もの被害が、一戸建てで起きています。こんな話を聞くと一戸建て住宅をあきらめたくなりますが、心配はご無用!空き巣の侵入口をガードしておくことで、被害を防ぐことができるのです。

「無締り 45.5%」「ガラス破り 37.5%」「ドア錠破り 2.9%」これは警視庁が発表した「一戸建て住宅へ空き巣犯がどこから侵入したか」というデータのトップ3です。1位の「無締り」とは、玄関など鍵がかかっていないドアから侵入することですし、3位の「ドア錠破り」や他のドアから侵入したケースを合計すると、なんと全体の51.8%に及ぶのです。2位の「ガラス破り」は文字通り窓のガラスを割っての侵入ですが、これらは空き巣の侵入口となりやすいのはドアと窓だということを表しています。

合計すると全体の89.3%になります。ドアと窓の防犯対策をしておけば、ほぼ90%の空き巣被害を防ぐことができるのです。

ドアの空き巣対策のおすすめは「スマートキー」になります。車では標準で付いてくることが多くなった「スマートキー」は、新築の注文住宅ならではの設備です。ドアの施錠忘れの警告機能が付いていたり、施錠したかどうかをスマホでチェックできる機能が付いたものを選べば安心です。

そして、窓の空き巣対策のおすすめは「シャッター」になります。注文住宅なら電動で開閉できるものを、思い切って付けてしまいましょう。窓に防犯フィルムを貼るという方法もありますが、バーナーを当てる方法ならすぐに破られてしまいます。

植え込みやバルコニーの構造にも注意

高い植え込みや塀で囲まれたお家はガードが固く、空き巣が侵入をためらってしまうように思えます。防犯対策にしっかりとした外構を考えている方も多いことでしょう。しかし意外なことに、高い植え込みや塀は空き巣の大好物です。なぜなら、植え込みや塀の中は何をやっているかわからないからです。

塀を超えることができたのであれば、その中で空き巣はやりたい放題です。植え込みや塀を造るなら高すぎないようにする以外にも、すき間を作るなどの工夫が必要です。理想は中で何をやっているかはわからなくても、人がいるかどうかの気配は感じる程度のもの。庭に踏むと音がする砂利を敷くのも、空き巣犯には有効です。

太陽の光あふれるバルコニーは、子どもの遊び場や洗濯物を干すのに最適です。注文住宅ならバルコニーは絶対に付けたいと考えている方も多いでしょう。しかしバルコニーは2階の窓への侵入口です。登りやすい構造になっていたり、バルコニーの下が身を潜めやすい死角になっていては、空き巣に狙って下さいといわんばかりです。

外からバルコニーに登れるような構造は、せっかくの注文住宅ですから避けなくてはなりません。下に置いたものが足場になっていないか、近くに植えた木が登りやすい高さになっていないかなど、日ごろの注意も必要になります。

バルコニーの設置箇所は死角になりにくい場所を選ばなくてはなりませんし、どうしても死角になってしまうなら、侵入者に反応して点灯するセンサーライトなどを付けておくのも防犯対策には有効です。

 

土地選びやドア、窓の防犯、外構やバルコニーの構造など、空き巣被害にあわないために考えることはたくさんあります。これに加えて間取りや内外装、そして見積りも欠かせません。やることが多すぎて注文住宅を建てるのが億劫になってしまいそうです。しかし、数多くの経験を積んだ住宅メーカーなら、ことさら防犯についてはノウハウを持っているものです。空き巣が侵入しにくい家とリクエストしただけで、様々な提案をしてくれるはずです。担当者の防犯に対する意識の高さも、住宅メーカー選びのポイントになるでしょう。

【佐賀市】おすすめの住宅会社

イメージ
会社名積水ハウス株式会社株式会社一条工務店株式会社プレースホーム株式会社エースホーム有限会社建築サポート
タイプ
(ハウスメーカー/工務店/設計事務所)
デザイン、性能、品質、アフターサービスのすべてが充実性能への強いこだわりを持つ住宅会社NEZ工法で人にも環境にも優しい自然派住宅を造る家族みんなが安心・安全に過ごせる家をつくります建築サポートならではの工夫で低コスト&高品質を両立
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
【ジャンル別】おすすめ住宅会社5選
記事一覧