佐賀市で注文住宅を建てるなら当サイトをご覧ください!おすすめの住宅会社をランキング形式で紹介しています。

代々引き継いだ土地と注文住宅は相性がよい!

公開日:2020/09/15  最終更新日:2020/08/20

遺産相続時に先祖代々の土地を贈与される方は多くいらっしゃいますが、その土地をいかにして有効活用すればよいのかと頭を悩ませることもあることでしょう。そこで注目を集めているのが注文住宅建設です。ここでは佐賀市の注文住宅事情を考慮しながら、土地の有効活用としてどのような点で相性がよいのか見ていきます。

佐賀市内で注文住宅数が増えている理由とは

九州の北西部に位置する佐賀市は、2000年までは総人口が約2万4,000人という地方都市でした。ところが2000年以降は市内一帯で相次いで宅地造成が行われたことを受けて、2020年5月時点で人口約6万人と大きく上昇しました。

とくに顕著なのが若年世帯数の増加です。その理由は、市内一帯に広がっていた田畑を住宅造成地にして、そこに戸建て住宅を建設した人が多かったからです。大手ハウスメーカーの広報によると、佐賀市一帯で2000年以降に新たに建設された戸建て住宅のうち、約70%を注文住宅が占めています。この割合は、全国的に見ても非常に高いものです。

これは、先祖代々受け継いできた土地である田畑の場合は、建売再建築を行えないという、佐賀市の条例が密接に関わっているということが理由になります。つまり、ハウスメーカー等を介した大規模な分譲住宅計画を立てることができないので、マイホームを建設する際は購入者自身が各ハウスメーカーと交渉して家の建築を進めなくてはいけないということになるのです。

その際に、メーカーによって既にデザイン設計がされているタイプの家を建てる方法があります。しかし折角なので、家族の希望を取り入れたオリジナルハウスにして、憧れのマイホームを手に入れようと考えた方が佐賀市では多いということでしょう。土地単価が全国第40位という安さもまた、佐賀市で注文式住宅が多い理由に挙げられます。

ライフスタイルに合わせた設計ができるのが魅力!

先祖代々引き継いできた土地の場合、敷地範囲であればどのような建物を建設するのも持ち主の自由です。一般的な住居を建てるのもよいですが、家族のライフスタイルに合わせたオリジナリティがあふれる家にすることもできます。

各家庭の要望を反映させることができる後者を選ぶ方が、末永く快適な住み心地を体感できる住まいとなることでしょう。ライフスタイルは十人十色なので、既存の建売住宅では少なからず何かしらの不満を感じるものです。

たとえば、家族が多いからたくさんの洗濯物を干せるバルコニーが欲しいという場合、建売だと充分な広さを確保されている場合は少ないかもしれません。しかし注文住宅であれば、あらかじめ設計段階で広いバルコニーが欲しいといえばその通りに図面を描き、完成へとステップを進められます。車庫を作りたい、テレワークだから室内に仕事部屋を設けたいといった要望にも忠実に対応してもらえるのが注文住宅のよさです。

先祖代々受け継いだ土地に、新たに建物を建設する時にはその費用は要りません。一般的な建売住宅は、土地代に建物費用が加算された形の総額で価格表示がなされます。この総額の約70%が土地代となるのが日本の建売住宅事情で、建物単体価格は100平方メートルで約1,000万円程度にしかならないものです。

そのため、先祖から受け継いだ土地を有効活用すれば通常の建売住宅よりもグレードを上げた立派な住居を手に入れられるのも魅力といえます。

注文住宅なら狭い場所でも快適な住まいが手に入る

注文住宅というと、広大な場所に建てる住まいとイメージされる方もいらっしゃるでしょう。実は狭い場所ほど注文住宅の魅力は増して、家族全員が末永く笑顔で住み続けられる家を手に入れられるのです。

佐賀市には先祖代々から引き継いでこられた土地が数多くありますが、その大半が約500平方メートル以上という広いものばかりです。そのため100平方メートル以下の敷地しかない場合、一見すると自動車1台分程度の駐車スペースにしかならないように感じます。しかし、この程度の敷地面積の住宅は都心部に行けば無数に点在しており、充分に住まいを設けられるものです。

この際に有効活用できるのが注文住宅設計であり、住まう方々の要望をかなえるような間取りで設計されます。狭小スペースに注文住宅を建てる際は3階建てになり、横幅面積が少ない分高さで住まいスペースを補填するのが基本です。

自動車を所有されている方であれば1階部分をガレージにして、高床式施工で2・3階を生活空間にできます。バルコニーを設ける場所がない場合は3階屋上箇所をテラスにすれば洗濯物を干すことができ、さらにここに採光窓を備えれば室内に自然光を取り入れることも可能です。

狭くても快適な暮らしを実現できる家が手に入り、さらに他の住宅とは一線を画したオリジナリティにあふれた家にできます。狭い土地ほど注文住宅設計のメリットを有効活用できるといえるでしょう。

 

先祖代々受け継いだ土地と注文住宅の相性がよいのは、土地の広さに適応した住居を設けられる点です。新たに土地を購入する必要もなく、その価格分を建物のグレードアップに使えるということも魅力ポイントとして見ることもできます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
佐賀市でおすすめの住宅会社の口コミや評判